スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メタンハイドレート 問題点

メタンハイドレートは、燃える氷。

新エネルギーとしての期待も高まっているようです。

エネルギー革命メタンハイドレート

メタンハイドレートには技術的な問題点があります。

温暖化ガスであるメタンガスが、万が一、気体のまま空気中に漏れてしまった場合、地球温暖化に影響が出てくるのです。

現在、日本の大手企業が、メタンハイドレートの実用化に向けて研究を重ねています。

メタンハイドレート

メタンハイドレートとは、メタンを中心にして周囲を水 水分子が囲んだ形になっている物質である。大量の有機物を含んだ土砂が低温・高圧の状態におかれ結晶化している。
見た目は氷に似ているが、火をつけると燃えるために「燃える氷」と言われることもある。ほとんどが海底に存在するが、地上の永久凍土などで発見される場合もある。
日本近海は世界最大のメタンハイドレート埋蔵量を誇ると言われ、このため日本のエネルギー問題を解決する物質として考えられているが、メタンハイドレートは固体であるため液体である石油とは違い、(石油が枯渇していない現状とも相まって)採掘にかかるコストが販売による利益を上回ってしまう。

引用元 : Wikipedia『メタンハイドレート』
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。